2016年の7月、上司と出張の移動中に、「昼休みに走ってるんだけど、走ってみないか?」と誘われた。
なかなか自分から行動を起こせる性格ではなかったため、こういう誘いは本当に有り難かった。
誰が見ても太っているというほどではなかったが、毎年受ける会社の健康診断では、BMIが25を少し越えており、生活上の指導を受けていた。
その上司によると、暑い夏から始めれば、かなりきついから一年を通してジョギングを続けられるということだった。
自分としても、まあ納得のできる考え方だった。
それから毎日の昼休みの過ごし方が変わった。
12時のチャイムが鳴ると、会社のロッカーでジョギング用のウェアに着替え、シューズもランニング用シューズに履き替えて、会社の近くの池を回った。
走るメンバーは日によって変わったけど、だいたい3~4人だった。
はじめはペースがなかなかきつくて、ゆっくりしか走れなかったし、夏の昼間だから、日差しもきついし気温も相当高くて歩くのも大変なくらいだった。
走り終わると、最初は息が上がって喉が乾いた感じがしたが、そのあと軽く汗を拭いて、会社の食堂に行くと、汗が拭いても拭いてもどんどん出てきて食事どころではない感じだった(笑)
他の人はどうだったかというと、誘いをかけてきた上司はかなり多めの食事をしていて、最後に自前のプロテインを持ってきて飲んでいた。
他のメンバーも普通の量を食べていたが、自分は疲れてそんなに食べられなかった。
この昼休みジョギングは、思わぬ形で終わりを迎える。
上司は元々、筋肉量を付けたかったらしく、通っているジムのトレーナーから、ジョギングは痩せたい人向けだから筋肉付けたい人には向かないよとアドバイスを受けたという話だった。
7月中旬から始めて9月の頭に終わったので、2ヶ月弱。
自分から行動を起こせなかったので、とてもいい経験をさせてもらったと思っている。
結果としては体重83㎏から、ちょうど80㎏に落ちた。
このジョギングをやってから、自分一人で朝起きて朝食前に走るということを習慣的にやるようになり、今も楽しく続けている。
誘っていただいて、大変ありがたかった。